無料特別レポート

「あなたのお子さんを一生メガネにさせたいですか?」

 子供をメガネにさせないための5つの方法

「目医者さんの言葉によってあなたは近視になったのです。」

 ~作られた常識の真っ赤なウソ~

>>>無料特別レポート請求
(一番下の方に、無料特別レポートの請求フォームが用意されています。)

コンタクトレンズをすると視力回復するどころか重度近視になる

近視になっても、眼鏡をつくっては、いけません。

近くのものを長時間見続けると、
羊毛体筋が緊張して、
ピントの自動調節ができなくなります。

水晶体が厚くなったままの状態になります。
遠くをみてもピントを調節することができないのです。

水晶体が厚くなったままなので、遠くを見た時に、
膜の手前に焦点が結ばれてしまいます。

これが近視の状態です。

だから、ピント調節機能を改善しなければいけません。
羊毛体筋の緊張を取り除いて、
ピントの調節機能を正常な状態に戻さなければいけません。

眼鏡をつくっても、ピント調節機能は、改善しません。

では、ピント調節機能が改善したままの状態で、
眼鏡をつくるとどんなことが起こるのでしょう。

眼鏡は5m先にピントを合わせてつくられます。
だから、5m先は眼鏡をかければ、よく見えるようになります。

でも、近くのものを見るときはどうなるのでしょう。

眼鏡をかけたまま、30cmくらいの近くのものをみると
網膜よりも後ろで、ピントが結ばれます。

もしくは、無理をしてもっと水晶体を厚くし、
網膜に焦点をあわせるかもしれません。

水晶体を厚くして、焦点を網膜上で結ぶことができないとなると
それに適応して、網膜がどんどん後ろに後退していきます。

こうして近視(軸性近視)がどんどんすすんでいきます。

だから、仮性近視になって、眼鏡をつくった場合には、
遠くのものをみる時だけ眼鏡をかけて、
近くのものを見る時には、眼鏡をはずさなければいけません。

そうしないと、近視はどんどん、すすんでいきます。

近視になったからといって、
直ぐにコンタクトレンズをつくるのは、
最悪です。

眼鏡ならば、まだピント調節の筋肉を使う場面があります。
眼鏡ならば、周辺の景色などが、眼鏡の淵から
視界に飛び込んできます。

でも、コンタクトレンズをしてしまうと、
目にはいってくる映像は全てコンタクトレンズを通して
はいってきます。

それに、眼鏡はかけたり、はずしたり、容易にできます。

でも、コンタクトレンズでは、そうはいきません。

このようなプロセスで、重度近視の方が増えていきます。

直ぐ眼鏡をすすめる眼科医が、
仮性近視のかたを重度近視へしている
といってもよいのではないでしょうか。

でも、話はここで終わりません。

最悪の結末が待っています。

子供のころから、度の強い眼鏡をかけて、
眼鏡依存症の重度近視になってしまうと、
網膜はく離や緑内障という病気になる可能性が高まります。
網膜はく離や緑内障は失明につながる危険性が高い病気です。

実は、大橋巨泉さんは子供の頃から重度近視(強度近視)で
最近、緑内障と網膜はく離を起こして、左目は失明寸前なんだそうです。
こちらの記事にも載っています。
↓  ↓  ↓  ↓

大橋巨泉さんのゆうゆうLife

だから、視力が落ちたからと言って、
眼鏡やコンタクトレンズに頼るのではなく
他の方法を考えるべきです。

最寄りに適当な視力回復センターが見つからない時には

自宅の近くに視力回復センターがない場合には、視快研小牧の田中さんの視力回復プログラムを是非ご活用下さい。 実店舗でのノウハウとメールサポートの経験が凝縮された自宅で実践できる視力回復プログラムです。 このプログラムを活用して、視力回復に成功した方は大勢いらっしゃいます。

詳細は⇒1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~

このプログラムの販売価格は、15,800円です。 一概には言えないのですが、視力回復センターに通う場合は入会金だけでも、10,000円程かかり、他に月に1回の指導で月謝が10,000円程かかったりします。また、高価な機材を使うような場合には、別途機材使用料がかかったりします。毎日視力回復センターに通うとなれば、それだけでも大変な場合もあります。この視力回復プログラムは長年に渡って販売されており、メールサポートも田中さんが的確なアドバイスをされるものと思います。費用面や時間の面では非常に割安だと思います。参考までに視快研小牧の料金体系は、入会金10,500円、近視コース(20回)42,000円、クイックコース(10回)15,750円 (片目0.7以上の方限定)になっています。

スポンサーリンク